CO2排出権取引で詐欺容疑、3人逮捕「株式会社富士エナジー」(大阪市北区)

《時事通信 6月30日配信》

二酸化炭素(CO2)排出権取引に投資すれば利益が出るなどと勧誘し、金をだまし取ったとして、京都府警生活経済課などは30日、詐欺と特定商取引法違反(不実告知、虚偽書面交付)容疑で、「富士エナジー」(大阪市)社長の笹渕守容疑者(52)=大阪市北区池田町=と元社員2人を逮捕した。笹渕容疑者は容疑を否認し、元社員のうち1人は容疑を認めているという。
同課によると、同社はCO2排出量を証拠金で売買するCFD(差金決済)取引を行っているように装い、2012年度に22人(約5800万円)に販売したが、実際には取引はしていなかったという。

今回の記事は時事通信の配信ですが、実際の被害者はもっと多いと思われます。
ほとんどの方が「知られたくない」を理由に泣き寝入りされます。
騙す方も、9割ぐらいの被害者が、泣き寝入りするだろうと考えていますので、返金請求してくる約1割の被害者には返金に応じる可能性は極めて高いと思います。
あきらめずに相談してください。
相談してからあきらめても遅くはありません。

被害専用フリーダイヤル
0120-694-025
午前8時から午後8時まで受け付けています。

   

Copyright © 2015 トータス情報センター All Rights Reserved.

   

大阪市中央区谷町2丁目5,0120-048-700

ページの先頭へ戻る